除菌とか一掃とか死滅とかいう新型コロナ対策的なアイテムたち

| コメント(0)
新型コロナウイルスの感染拡大の影響が続く中、インターネット通販を中心に科学的根拠のない予防効果や除菌効果をうたった不当な広告が後を絶たない。消費者庁は、景品表示法違反(優良誤認)や健康増進法違反(虚偽・誇大表示)の恐れがあるとして監視を強化しているが、一掃するのは容易ではない。

新型コロナウイルスの流行で、少なからぬ人には「新型コロナウイルスというよく分からない、けど怖いものがある」というもやもやとした認識が広まり、そういう人はそれに対抗できるものなら怪しかろうが胡散臭かろうが何でもアリだと思ってしまう。そのような人達をだまくらかす詐欺商法が後を絶たない。消費者庁でも何度となく警告を発しているけど、デマやフェイクニュースを流すのは簡単だがそれを裏付けと共に否定するのは時間もリソースもかかるって構造と同じように、法的なレベルで差し止めるまでの証拠を集めて立証するのはとても大変で一朝一夕にはいかず、結局いたちごっこというよりはお魚加えたドラ猫状態となってしまう。

記事にもある通り、その類のアイテムを使っているのは情報リテラシーが欠けていることをアピールすることにもなってしまうのだけどね。

記事に出ているインチキな広告表示の例だけど、これはネタではなく消費者庁が公開した資料を基に作られている、つまり元々そういう類の実商品が存在しているというから頭が痛い。「新型コロナはマイナスイオンで死滅」とか、どんだけの秘密兵器だよ、という感じ。そもそもそれほどの有効性があるのなら、世界中で話題に上って注文が殺到しているはず。

まぁ、この類のペテンはどのような状況下でも登場するものなので、常に要注意を、という感じではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月23日 07:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ビデオ会議を自然に抜け出せるステキアイテム」です。

次の記事は「レジ袋の有料化問題」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31