マックと日本郵便、三輪バイクの動き

| コメント(0)
日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:日色 保)は、「マックデリバリーサービス」の3輪バイクに「電動3輪バイク」のテスト導入を2020年5月より開始いたしました。6月現在で神奈川県の3店舗で6台の「電動3輪バイク」が「マックデリバリーサービス」の宅配バイクとして稼働しています。

すでにマックでは専用の三輪バイクがデリバリーツールとして活躍しているけど、その一部で電動の三輪バイクが導入されたよ、という話。今後さらに増強していくという。

電動だから運んでいる商品が美味しくなるとか割引してくれるとかいうものではない。単に環境に優しいということをアピールできるだけの話。まぁ、燃料補給の際の手間がちょっと楽になることはあるのかもしれない。

日本郵便は15日、配達用車両にホンダの原付3輪スクーター「ジャイロキャノピー」を試験導入すると発表した。同車両は、3輪ならではの安定性から料理のデリバリーに多く使用されている車両で、スタンドを使用せずに駐車でき、雨が降ってもずぶ濡れにならず、2輪と比べて大型の荷室を搭載できるのが特徴。同社は「小型荷物の増加や、自動二輪車に乗務可能な配達員の確保が困難」という理由から6月に2台を導入し、8月以降も順次導入するという。

偶然ではあるけど同日に日本郵便での三輪バイク(こちらは電動ではない)の導入話が確認できたので、合わせて。バイクを上手く乗りこなせる人の確保が難しいとか、安定性が高くて荷物も沢山載せられるとか、色々な事情が垣間見れて興味深い。個人的には軽自動車のさらに小型化したようなものなんだろうなあ、と思っている。

ただ記事説明にもある通り、初期コストやランニングコストは三輪バイクの方が上。あちらを立てればこちらが立たず、というわけで、色々と頭を悩ませそうな話ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月19日 07:06に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「かつやの「全力大人飯」は魅力的」です。

次の記事は「電話帳(ハローページ)が終了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31