エアコンの室外機の転倒防止策

| コメント(0)


昨年は相次ぐ大型台風の上陸でエアコンの室外機がもりもり倒れ、それを勝手に個人が修復しようとすると色々とリスキーだから業者に任せなさい的な話が話題に上った。今年も早くも夏を思わせる暑さの日々が続き、エアコンをつける、付け替える人が出てくると、この室外機についての話も必要になってくるよなあ、と。

説明にある通り、エアコンの種類や設置場所の環境により、室外機の設置のされ方も多様で、非常に危うい状態のものも少なくない。これだけ重たいのだから、よもや台風でも倒れることは無いだろうという考えが素人のものでしかないのは、昨年実証されているわけで。

室外機に日光が当たらないようにするカバーをかけるとかは個人でもできる話ではあるけれど。室外機の固定はさすがに個人では難しいので、業者にお願いする、あるいはそもそも論として設置時に強固な固定をしてもらうべきなんだろうな、と。

賃貸住宅やマンションなどにある、壁に取り付けてあるタイプの場合は、個人では手の打ちようがないし、危ういかなと思っても管理人なりに問い合わせることぐらいしかできないけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月16日 06:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「新規確保と既存の維持と」です。

次の記事は「テイクアウトと水滴と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31