医療従事者への感謝のアピールをさせる行事をするぐらいなら

| コメント(0)


先日のブルーインパルスやベランダから窓に出て意思表示をする云々という形で医療従事者に感謝の意を示す、認識をしてもらうという話。それにかこつける形でか、学校でも拍手をしようということが今日埼玉で実施されるとの話。マジかよ。

引用元でも言及しているけど、感謝云々をするぐらいなら、炎天下や体育館など悪環境下での運動などへの留意を十分以上に行い、熱中症のリスクを下げるようにしてほしい、救急車をはじめとした医療リソースが無駄に食いつぶされてしまうからというのは、切実な話に違いない。優しい声より芋がいい、的な。


実際、過去の熱中症による救急搬送人員数の、年齢階層別構成比を見ても、学校開校中は子供の比率が高く、夏休み中は低くなるという傾向がある。学校が休みでも外遊びなどで倒れるリスクはあるけど、学校行事での半強制的な行動で無理をして倒れるリスクの方がはるかに高い。しかも集団化しやすい。

今年の第一週目はまだ学校が再開していないところも多かったので、比率的にはどちらかというと、夏休みのパターンに近い形であることが確認できている。ただ今週から開校するところが増えてくるので、子供の搬送者数も増えるのだろうなあ、と。

先生方は自分達の面子を脇において、子供達の健康管理に気を付けてほしいと思う次第ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月15日 07:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「あつまれ どうぶつの森」で現実通貨の取引が行われているとの話」です。

次の記事は「古典作品を勧める時の注意点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31