やはりコピー機での忘れ物が急増しているもよう

| コメント(0)
新型コロナウイルス対策として一律10万円が支給される「特別定額給付金」をめぐり、郵送申請に写しが必要な運転免許証などの身分証明書類を、コンビニ店のコピー機などに置き忘れる事例が県内で相次いでいる。外出自粛の影響から拾得物全体が減っている中で、5、6月の運転免許証の拾得物は前年同期比で増加。秋田県警は、コピー機を利用した後に確認を徹底するよう呼びかけている

先日コンビニ店員さんからのお知らせ的な話としてお伝えした、コンビニのコピー機での忘れ物急増話。役所に提出する書類で健康保険証や免許証などの身分証明書のコピーが必要なので、それをコピーするためにコンビニにやってきて、コピーしたのはいいけれどマスターとなる健康保険証を置きっぱなしにしてしまうというものだけど、普段コピーをしたことが無い人がやるケースが多いため、ついつい忘れてしまうというのは分かる気がする。

その類の書類は元々名前や住所が書いてあるから店員さんが発見して連絡すればいいのだろうけど、非常に手間がかかるしストレスもたまる。しかも返却する時の当人確認も面倒くさい。電話番号などは書いていないから、そこから調べる必要があるかもしれないし、電話をしてはいけない相手かもしれない。

以前も言及したように、プリンターとスキャナがある人は、自宅でコピーを作ることをおすすめする。それなら忘れることはない。データの使い回しができるから、複数回数の申請の準備も容易。また、自分がコンビニでコピーをする時には、順番待ちの時には自分の番になった時にすぐにふたを開けて中を確認し、マスターの忘れ物のあるなしを見て、もし残ってたら前にやっていた人に声がかけられるようにする、と。

まぁ、慣れていないことだから、忘れてしまうのも仕方がないけどね。何度でも繰り返し注意喚起をして、少しでもトラブルが減ればいいな、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月14日 07:06に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「新型コロナウイルスで収入が減ったら国民健康保険料も減免してもらえる、かも」です。

次の記事は「週明けは無茶苦茶暑くなる、かも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31