すき家で牛カルビ丼などが登場

| コメント(0)
株式会社すき家(本社:東京都港区)が展開する牛丼チェーン店「すき家」では、6月17日(水)より、牛丼やカレー、海鮮丼に並ぶ新しいカテゴリーとして「牛カルビ丼」が登場します。


牛肉の厚みやたれの配合などの開発に2年半の歳月を経て誕生した「牛カルビ丼」は、すき家特製カルビだれ(以下カルビだれ)を絡めたカルビ肉を注文ごとに一食一食焼き上げる、すき家史上全く新しいカテゴリーの商品です。口に入れるとカルビ肉特有の旨みがじゅわっと広がる、ご飯がすすむ味わいに仕上げました。別添えのすき家特製甘だれをかけると、おいしさが一層引き立ちます。


まず驚いたのは、これまですき家でカルビ系のアイテムが存在していなかったらしいこと。単品というか期間限定アイテムとしてあっても不思議ではないのだけど、今回が初めてとは。しかも期間限定云々という話ではなく「新しいカテゴリーとして」とあるので、通年販売品としての展開となるらしい。さらにレパートリーも単なる牛カルビ丼だけでなく、チーズ、ナムル、キムチと合わせ4通り。やたらと気合を入れている。

これ、単価は明らかに従来の牛丼よりも上。その上で定番化するってことは、やはり客単価の引き上げを考えているんだろうなという気がする。個人的には決して悪くない、むしろ歓迎したいところではあるけど、やはり問題は味。少なくともお値段相応の旨味・満足感は出してほしいものだな、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月12日 07:18に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マクドのチキンナゲットに本体もソースも辛いものが大登場」です。

次の記事は「なぜあの人達はアポも取らずに突撃するのだろう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31