「プールの無い夏」

| コメント(0)
新型コロナウイルス感染症の影響で、今夏の営業を取りやめるレジャープールが出始めている。感染防止と熱中症の対策を両立させるのが困難なためで、九州では福岡市東区の「海の中道サンシャインプール」や熊本県荒尾市の遊園地「グリーンランド」などが中止を決定。一方、営業を選択したプールには人が殺到する恐れがあり、関係者は頭を悩ませる。水泳の授業中止を決めた学校も多く、早くも厳しい暑さとなる中、「プールのない夏」が現実味を帯びてきた。

新型コロナウイルスの影響でプールの運営を自粛する動きが続いている。先日のとしまえん関連でも言及したけど、プールの中はもちろん、更衣室などでもいわゆる三密が発生しやすいし、何より不特定多数が集まる場所ということで、リスキーな場として完成してしまっているからに他ならない。学校のプールも取りやめという動きを多々見聞きしているし(先日もそういう話をされて残念がっている子供と親のやり取りを見聞きした)。

五千万歩ぐらい譲って当事者だけがリスクを負うのならともかく、不特定多数が負うことになるのだから、中止も仕方がないかなという感はあるのだけど、その一方で暑い夏となればやっぱりプールに浸りたいのもまた事実。


お金持ちなら個人プールの類もあるだろうけど、普通の人には精々こんな感じで庭先に家庭用プールを設けて堪能するしかない。それもできなければお風呂に水を張って、という感じかな。庭が無ければそもそもプールを置くことなどもできやしない。ベランダとかいうのはムリだし。


ただ家庭用プールにしてもお話の通り、水道料金はかかるし衛生面に気をつけねばならないし、そもそも乱雑に扱われがちですぐに壊れてしまうという指摘もある。うーん、やはり水風呂で我慢なのかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月11日 06:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「消防庁での熱中症の定義」です。

次の記事は「「事務的なはんこ」取得」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31