マスクと熱中症に関して厚労省が注意喚起

| コメント(0)


すでに複数のルートで「夏はクソ暑いから今までと同じような感覚でマスクをしてると熱中症がヤバい。適切な対応を心掛けよ」的な注意喚起などが出されているけど、厚生労働省でもお話が出てきたので覚え書きとして。

経験則として知っている人も多いだろうけど、暑い時、湿度が高い時のマスク着用は、体力の消耗が著しいし、水分不足に気が付きにくくなる傾向がある。先日のクロネコヤマトの従業員の話ではないけど、自宅から出たらずっと着用というわけではなく、必要なしとの判断ができる場所では、外してもいいよ、外さないとヤバいよというもの。冬場ならこんなことわざわざ考えなくてもいいんだけとね。

個人的には以前も言及したけど、バイザーを併用すればいいと思う。バイザーなら呼吸が苦しくなることはないし、水分不足の感知もいつも通りにできるので。


あとこれは直接マスクとは関係無いけれど、いわゆる「新しい生活様式」におけるエアコンに絡んだ話。換気をしなきゃならないし、けど換気をすると冷房が効かなくなるし、というジレンマ状態なんだよね、考えてみると。

今年は色々な意味で、特異な現象が起きそうな気がする。扇風機とか冷風機がいつも以上に活躍するのでは。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月 9日 07:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「名探偵コナン 緋色の弾丸」公開は来年4月に延期へ」です。

次の記事は「情報ソースへのリンクの明示」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31