光が丘名物・1台だけの公衆電話が粋なものになっていた

| コメント(0)


以前も何度か紹介したことがある、練馬光が丘駅のダイソー側出口そばにある公衆電話。元々は半ダースぐらいのがずらりと並んでいたのだけど、需給の問題で現在では1台のみとなっていた。元々必要台数分だけの台座が用意されていたのに、今では1台しか実機が置かれていないので、随分とシュールな状態ではあったんだけどね。

その場所のそばにあった雑貨屋さんが閉業し、代わりにくら寿司が開店することになったのだけど、それに合わせて外装が江戸っぽい感じに。それに合わせて、公衆電話の置き場所もそれっぽい壁になったのはいいのだけど、公衆電話を除くわけにはいかないので、こんな感じになりましたとさ、という情景。

これがまだ数台並んでいたらある程度しまりのある形ではあったのだけど、1台だけがぽつんと置かれていると、何だか間が抜けているような、それはそれでおつなものがあるような、不思議な情景に違いない。

個人的には少々切り抜き部分が狭いのでもう少し横に広げるべきではと思う。電話をしながらのメモ書きとかができないよね、これだと。ともあれ、この情景、光が丘の新しい名物になるかもしれない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月 4日 06:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マスクやアルコール系消毒液や石けんの話」です。

次の記事は「ダイソーでガーゼマスクが売っていた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31