レジ前につけられている飛沫バリア、恒久化してほしい

| コメント(0)


現在多くの商店のレジで仮設置的な形で緊急的に置かれている、飛沫を防ぐビニールカーテン。お店によってはプラスチックスの板などを使っているところもあるけれど。あれを新型コロナウイルスの騒動が終わってもそのままにしないかという意見。まったくもって賛成。

新型コロナウイルスの影響が安定化した後も、感染症のリスクは他の者でも十分あるし、さらには物理的な被害を軽減する役割も果たしうる。お店の人との、お客との距離感ガーという意見もあるかもしれないけど、実益と天秤にかければ、使う以外の選択肢はない。

個人的には海外の銀行などではお馴染みの、日本でも宝くじ売り場ではほとんど採用されている、全面をほぼ透明の硬質プラとかガラスで区切り、物品を出し入れする部分だけ口が開いているスタイルにしてしまうのが一番だとは思う。

無論導入には時間とお金がかかるけど、鉄道のホームドアのように、きっと役に立つ。しかもホームドアと比べてメンテ費用もかからず、ほぼ初期導入コストのみで済むのはありがたい。そうじがちょっとだけ大変になるかもしれないけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年4月30日 07:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「昨今不足しているもの、ニンテンドースイッチに除菌シートにパソコンに」です。

次の記事は「自炊でありがちなこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31