ローソンのトイレ一時休止の件、続報

| コメント(0)
株式会社ローソンは、昨日(4月28日)本部方針として、トイレ・ゴミ箱・灰皿のご使用一時休止のお願いを発表させていただきました。お客様や加盟店さんから、特にトイレのご使用に関して多くのお声をいただきました。これらを踏まえ、下記のように対応させていただくことを決定いたしました。


1.社会を支えるドライバーの方をはじめ、緊急の方などは従業員にお声掛けいただければご使用いただけます
2.幹線道路沿いや郊外など、周辺のトイレ事情によって加盟店さん判断でご使用を継続する店舗もございます
3.ご使用をお控えいただく期間は、緊急事態宣言が発動されている期間を目処といたします
4.トイレご使用時の感染防止を徹底するため、ソープ類を配備させていただきます(なお、店舗によっては配備されていない場合もございますのでご理解ください)


新型コロナウイルスによる感染症のリスク軽減のためにローソンが実施することとした、トイレやゴミ箱、灰皿の利用の一時的休止の件。ゴミ箱や灰皿はともかくトイレについては、緊急避難的な拠点の意味合いが強かったこともあり、色々な方面から勘弁してよー的な話が出たようで、緊急避難的な状況下では利用あり、という形になった。

ただ、基本的にコンビニでのトイレ利用ってのは、得てして緊急避難的利用によるものなので、事実上は規制は取りやめということになるのだろうか。アルコール度の高いお酒の消毒液的使い方のような、緊急時のグレーな感じ。

こまめにトイレを巡回して、それこそひとり利用するごとに店員が掃除をすれば、という意見もあるだろうけど、そうなると店員のリスクと負担がけた違いに増加してしまう。それはそれで問題になる。トイレ清掃専門スタッフを雇うわけにもいかないし。

色々と問題はあり、一朝一夕では解決しない。試行錯誤を繰り返し、どうにかやりくりしていくしかないのだろうな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年4月30日 06:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「熱中症による救急搬送者数の公開、今年はスタートが遅れるとの話」です。

次の記事は「公的情報が一般に浸透しないという意見はあるけれど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31