新型コロナウイルスの「陰性証明書」など意味は無い

| コメント(0)
職場の上司に指示されて、新型コロナウイルスにかかっていない証明書がほしいとPCR検査を希望する人が相次いでいるとして、医療関係者は「本当に必要な人のため不要な受診は控えてほしい」と訴えています。

情報リテラシーというか理論的な物事の考え方ができるかどうかのテストみたいなものだけど、新型コロナウイルスの「陰性証明書」など何の意味もない。現状でのPCR検査はそもそも確証率が低いものでコイントスの結果を見ているようレベルのものだし、その検査の結果を受けて陰性判定が出ても、それはあくまでも検体を取得した時点での話。下手をすると検体取得後に感染して、陽性状態で陰性の書類を受け取るなんてこともあるわけだ。

「自分のお気持ちガー」というのなら、布団かぶって寝ていろとしか言えない。会社が求めているのなら、そういうお馬鹿なことを命令する上司など告発に値するし、会社全体の決定なら留まること自体がリスクになる。それぐらい、お馬鹿な話。

もしかしてだけど、新型コロナウイルスの「陰性証明書」を求める筋って、例えば麻疹などの抗体検査と同じように考えているではないかな、という気がする。抗体の有無なら、取得しているのが確認できれば、少なくとも感染発症することはないという証明になる。ちょっと前に風疹の抗体検査が話題に上って一部世代には無料の検査チケットも配布されたよね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年4月23日 07:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「練馬光が丘病院で新型コロナウイルスの院内感染が」です。

次の記事は「ライブドアの検索サービス、終了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31