牛乳をもう少し多く飲んでほしいとのお話

| コメント(0)
学校給食の取りやめなどで牛乳や生クリームの需要が大きく落ち込んでいることから、農林水産省は各家庭で牛乳やヨーグルトをふだんより1つ多めに買ってほしいと呼びかけています。


これについて江藤農林水産大臣は21日の記者会見で「生乳の生産量は6月に向けて増加するが、需要の落ち込みで生乳が行き先を失うことが懸念される。買い物の際に牛乳やヨーグルトをふだんよりもう1つ買ってもらえれば、酪農家の生産を守ることになるので協力をお願いしたい」と呼びかけました。


先に学校給食分の需要が減るので牛乳がだぶつくから云々という話があったけど、今回のはそれに加えて飲食店での需要も減っているので減り具合が大きくなっている、しかも生産のピークが5月ぐらいなのでだぶつき具合が酷くなるからもっと飲んでちょ、というお話。余るのならばバターとかチーズにすればという話もあるけど、すぐに転換できる類のものではないし。

チーズとかバターならともかく、牛乳そのものは長期保存が難しいから困りもの。卵とか献血、さらには電力と同じようなもので、常に一定量の生産を維持するってのはとても大変だということが改めて理解できる。

個人的にできることといったら、せいぜい消費を増やすこと。当方も一層積極的に牛乳をカフェオレなどにして飲んではいるけど、できることには限界があるからねえ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年4月22日 07:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「郵便局が一部で営業時間短縮、10~15時に」です。

次の記事は「東京おもちゃショー2020は中止」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31