新型コロナウイルスは症状が現れる直前直後に感染力がピークになるとの話

| コメント(0)
新型コロナウイルスに感染した人は、目立った症状が表れる数日前からウイルスを拡散させ始めている可能性があるとする最新のモデル化研究が15日、発表された。


新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)を食い止めるため、世界では、感染者の接触歴を症状が表れ始めた時点までさかのぼって追跡調査するといった対策が講じられているが、今回の研究では、こうした対策の根拠となっている重要な前提に異を唱える結果が示された。


現状では検証研究段階にあって、しかも複数の種類が確認されているなど、未知の部分も多い新型コロナウイルス...と書くとアレだ、SFみたいな感じになってくるのだけど。その感染力が症状が具体的に発現する直前直後にピークになるという研究結果が出たというお話。要は、症状が出てからヤバい感染しないように隔離する云々ってのでは間に合わないという感じ。見方を変えれば、感染が拡大しているのは、このスタイルだからこそというのがある。大人しい段階で感染がなされているというところ。


この辺りは純粋な覚え書きとして。個人的に理解できる領域ではあるけど、他人に解説できるというほどの知識も肩書もないので、こういうことなんだなというのを分かるためのものとして。「非常に狡猾な作戦」とあるけど、結局これは進化の結果なんだろうな。作戦を取ったのではなく、そういう作戦を機能としてもつものが生き残っている、と。ダーウィンの進化論的な。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年4月17日 07:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「給付金を電子マネーで」と語る経済団体のトップとは」です。

次の記事は「未成年者の朝食欠食実情」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31