病院前にテントとか...通院時でのあれこれ

| コメント(0)


昨日は三か月に一度の通院。こんなドキドキタイムに病院にいくとか、果たしてどうなんだろうというのもあるけど、これはこれで運命として諦めるしかないよね、ということで。

で、足を運んでみたらいきなり入り口付近に仮設テントが複数設置してあったり(状況に応じて使う、臨時問診所のようなものらしい)、注意喚起の貼り紙が通常の3倍に増えていたり、入り口では非接触型の体温計で体温測定を求められたり、アルコールでの手洗いをさせられたりと、ぴりぴりした雰囲気。病院内もがらりとしていて、高齢者の比率がやたらと低くなっているし、通院患者数も1/3~1/4ぐらいには減っていた感じ。何しろ待合室の椅子が半分以上開いているとか、普通はありえない。


戻ってきてからは玄関前で靴を脱いで、あらかじめ用意しておいたビニール袋に納め、さらに箱の中に封印。病院内では靴底に感染リスクがあるという話もあったし、ね。三日ほどこのまま放置する予定。除菌しようという意見もあったけど、放置が一番面倒が無くて良い。どの道、靴はまだあるし。


そういや帰りがけに立ち寄ったデパートでは、以前からお気に入りにしていた総菜コーナーのキャベツメンチカツが、トングで好きなだけ取る方式から、あらかじめパッケージ詰めされる形に変わっていた。味気ない感もあるけど、感染リスクを考えたら仕方が無い。これもまた時代の流れ、というところなのかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年4月17日 07:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「政府支給の布マスクが明日から到着との話」です。

次の記事は「「給付金を電子マネーで」と語る経済団体のトップとは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31