マスク送り付け悪質商法なるもの

| コメント(0)
消費者庁の伊藤明子長官は15日の定例記者会見で、全世帯に2枚ずつ配布される予定の布マスクに便乗し、注文した覚えのないマスクなどを送り付け、代金を請求する悪質商法が横行する恐れがあるとして、注意を呼び掛けた。「国が代金を請求することは一切ない」としている。

マスク不足は世の中のトレンドではあるし、一方で買い占めをしたテンバイヤーなどの手元には十分以上の数があるので、送りつけ詐欺の前提条件はパーフェクトに揃っているとはいえ、本当にこういう話があるとはちょっと驚き。まぁ、政府支給のマスクが今週後半あたりから届きはじめるので、タイムリーという観点では最強伝説なんだろうけど。

マスク好き好きモードになっている高齢者は騙されてしまいやすいのかもな、という感じもする。消費者庁の説明にもある通り、基本的に無視していいし、受け取り拒否をしてしまうのが何より大事。

最近ツイッターでもマスクに関する話がちょっとパズると、すぐにリプライでマスク買いませんかマスクあるよ的な、ダフ屋リプライがわんさか湧いてくるからねえ......。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年4月16日 06:37に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「通販とかテイクアウトで買ってねという話には」です。

次の記事は「配布の布マスクが小さいという嘲笑」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31