通販とかテイクアウトで買ってねという話には

| コメント(0)


お食事処や食品販売店が休業を余儀なくされて、臨時に通販を始めましたとかテイクアウトを限定的に行うようになりましたという情報発信が色々と流れてくる昨今。その勢いはポジティブにとらえたいのだけど、一方でこういう指摘もあってうなづきまくり。

要は、情報発信が上手くできていない。ネットで目にする人は、発信者のあなたの事を知らない人がほとんどで、名前と通販やテイクアウトを始めるという話だけでは、具体的にどこにそれができる場所があるのかを知る事はできない。通販ならば通販サイトのページの名前とURL、テイクアウトならお店の名前と住所が分からないと、どうしようもない。確かに商品名や写真は重要だけど、具体的行動へ移すための誘導線がなければ、ほとんどの人はそこでお手上げとなってしまう。

この辺りの話って結局、マーケティングの初歩の話であって、ちょっとした気づきがあればすぐに実践できるレベルのものなので、上手くできていないケースがあったら、是非とも指南をしてあげてほしいものではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年4月16日 06:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「松屋の支援第二弾は惣菜系の割引セール」です。

次の記事は「マスク送り付け悪質商法なるもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31