霊前に当人のフィギュアを置くという発想

| コメント(0)


無論右側のロボットの方ではなくて。亡き人の姿を3Dプリンターを使ってフィギュアとして作っておき、霊前に置くという発想。精巧に作れる時代だからこういう発想もありなのだなと感心させられた。遺影って結局当人の姿をしのばせるために存在するものだから、3D化できるのならそれはそれでアリなのだろう。

ふざけていると非難する人もいるかもしれないけど、発想としては十分に評価できるし、むしろ今後どんどん浸透させるべきものとすら思っている。当然、生前に作っておく必要があるけど最近では生前に色々と手配をしておくというのがスタイルとして認められているから、特に問題はないと思うのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年4月12日 07:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「人間に反旗を翻しそうな空気清浄機」です。

次の記事は「体温をつけ始めました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31