マスク自作ツールが発売

| コメント(0)
新型コロナウィルスの流行により、マスクの品薄状態が続いており、今後も恒常的な品薄が予想されます。A.Y.Judieとして、私たちの強みを生かし、何か社会の助けになるような製品が作れないかと考えました。そこで考えたのが、ネックストラップに使用するクリップとストラップを使った「なんでもマスク」です。


なんでもマスクは、端についたクリップを生地に留めることで、文字通りどんな生地も簡易マスクにできる、マスク用ストラップです。簡易マスクは、衛生マスクとは異なり感染リスクの軽減やアレルギー反応を防ぐものではありませんが、マスクを着用することで飛沫防止ができ、顔を触るのを防ぐ効果もあります。ストラップの色はホワイト、ブラック、ピンク、ブルーの4色展開で、お気に入りの柄やキャラクターの生地と組み合わせて、楽しむこともできます。また、市販のペーパータオルも利用できます。ストラップは日本製のゴムひもを使用しています。耳が痛くなりにくい平紐を選びました。伸縮性もあり、男女問わず使用可能です。子供用の短いサイズもご用意しております。


発表が4月1日なものだから、エイプリールフールのネタではないかと関連タグや本文説明で確認したけど、マジモノなので覚え書き。要は耳にかけるゴムバンド部分だけを提供し、そのバンドの先にクリップをつけ、クリップでマスクの布などを挟むことで、シンプルにマスクを自作できるというもの。王様のアイディアに出てきそうなものだけど、発想としては悪くない。

ただ、構造があまりにもシンプルなので、すぐに100均辺りが「かんたんマスク」とか「いきなりマスク」という名前をつけて類似商品を出してしまいそうな気がする。商標登録も特許も申請して無いようなんだよね、これ。まぁ、そこまで考えていないのかもしれないけど。

正直なところ、かけた本人の防疫という観点では今一つな感は否めないけど、咳やくしゃみ、つばなどで他人へうつしてしまうリスクは随分と減らせる。面白いネタアイテムではあるけど、馬鹿にはできないというのが個人的感想。むしろ高く評価したい。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年4月 2日 07:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ソビエトは今でも実在する」です。

次の記事は「ヤフーニュースにソーシャルボタンが戻った(一部)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31