CT数とベッド数とインフルエンザでの死亡者数と

| コメント(0)


ツイートで指摘しているお話は厳密には「インフルエンザでは毎年1000人以上も亡くなっているのと比べて新型コロナウイルスはそれと比べてリスクは低いよね、と指摘していた人は(新型コロナウイルスが流行するに連れて)いなくなった」というものだけど、色々と間違っていてごっちゃになっているというお話。

まずインフルエンザで亡くなる人は、1000人とかじゃない。毎年3000人前後。直近の2018年では3325人。今年は新型コロナウイルスの関係で手洗いうがいが徹底されているので、もう少し減るんじゃないかな。そして新型コロナウイルスでは現状で81人。単純比較は意味が無いのだけど、仮に比べてみると3325人対81人となる。


せっかくなのでツイッター上では時々見かける、OECDのデータベースを基にした医療関係のデータを2つほど。ベッド数とCTの数を人口比率で確認したもの。それだけ維持費はかかるし医療従事者の数も必要だけど、少なくとも今件ではこの数が色々と有利に働いていることに違いは無い。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年4月10日 07:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「としまえんに隣接するトイザらスや温泉も休業に」です。

次の記事は「新型コロナウイルスに影響を受けた中小・小規模事業者への持続化給付金の話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31