わかめラーメンの麺抜きは「わかめラー」

| コメント(0)
麺をなくした分、わかめたっぷり!乾燥重量で既存商品の4.5倍※のわかめを入れたインパクトMAXな一杯!定評のある味わいはそのままに、わかめラーメンブランドのアイデンティティであるわかめ以外の要素である麺をなくし、その分わかめをたっぷり入れた振り切った商品を開発しました。

例のCMでも有名な、エースコックのわかめラーメン。それの麺ナシバージョンが登場した。確かにインスタントラーメンのスープのみを楽しむってのはアリだろうけど(塩分過多になるので要注意)発想を転換して最初からスープとして楽しむとは。まぁ、日清のスープヌードルが近いコンセプトとして随分と前からあるのだけど。

今件は麺をフルに除いてわかめをがっつりと増やし、あのわかめラーメンのスープを堪能してほしいとのコンセプト。元々わかめスープっていう商品もあったし、これは悪くない。しかし麺がないからといって「わかめラー」というネーミングはどうよ(評価)。


発売は4月20日からのはずなんだけど、実証実験的に先行発売されていた地域があったらしく、実食した人の話が出ていた......けど、確かに麺がからきし無いな。これは痛快で大変よろしい。スープ飲みまくりで好感が持てる。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月19日 06:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「映像ソフトの物理メディアが壊滅的な売上だった件」です。

次の記事は「新型コロナウイルス事案でストック系食品の需要が伸びる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31