戦後直後の「生活はどう改めたらよいか」という教科書とか

| コメント(0)


昨日の室内掃除は自分のプライベートな書類などが入った箱の探索。教科書とか参考書がメインで、参考書やら問題集やらテストなどはさすがにシュレッダーにかける予定箱にぶち込んで、教科書など一部の歴史的物品は保存した上で、後に逐次データ化の予定。

最初に目に留まったのはこの「生活はどう改めたらよいか」。自分はこれを読んだ記憶がないし、第一裏表紙に書いてある名前が全然知らない人のなので、恐らくは古本屋か何かで調達した模様。戦後直後の日本の教育がどのようなものだったのかを知る、ある意味貴重な資料ではある。


続いて読売新聞の購読者向けの小冊子。宣伝広告とネタ話を織り交ぜた、よくあるオマケ本みたいなもので、だけどそういう構成だからこそ、当時の社会風俗を知る貴重な資料になっていたりする。


最後はベーマガの付録、1982年1月の秋葉原のマップガイド。年代的にはバックナンバーで取り寄せたもので、本誌は廃棄してこの付録だけ残っていた模様。建物の構造というか姿かたちからして随分と変わってしまっているし、店舗もすでに無くなっていたり、あっても別物みたいになっていたり。特に駅周辺はがらりと変わっているよね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月15日 07:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「騒動後初めて商品棚に並ぶ普通のマスクを見た」です。

次の記事は「ハッピーセットの新作はドラえもんのチャーム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31