餃子の王将が休校支援で持ち帰り専用のミニ弁当を出した件

| コメント(0)
「餃子の王将」を運営する王将フードサービスは、新型コロナウイルス感染症防止による学校などの臨時休校措置を受け、3月9日から3月31日までの期間限定で、子どもの食事で困っている家庭への応援メニューとして、税別250円の「お持ち帰り専用お子様弁当」を販売している。


商品内容は餃子2個、鶏の唐揚2個、シャウエッセン2本、ライス(中)。電子レンジ対応容器を使用し、おかずとご飯を一度に電子レンジで温められ、子どもでも手作り料理を手軽に熱々で食べられる。販売対象は休校措置対象の中学生以下の子どもがいる人で、1人1回3個までの限定販売。


新型コロナウイルスに伴う社会のあれこれに対し、食を扱う企業側でも色々な動きがあるけど、今件の将棋の王将のアクションは面白いな、と素直に思ったりする。子供向けの食事を提供ということで、専用のミニセットを提供するとのこと。

内容はライスの中盛り、餃子やから揚げやシャウエッセン。栄養バランスの観点では思いっきり傾いているけど、子供が好きなアイテムには違いない。あとは卵焼きとミニトマトがあれば、ちょっとしたお弁当としてもそのまま通用しそう。

提供そのものにも購入制限があるけど、個人的にはこのお弁当、定番メニューとして続けてほしい気がする。日常の購入用セットとしても、あとはコンビニでミニサラダでも調達すればいい感じがする。もっともコンビニでもこの類のミニセット的なお弁当、結構見かけるけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月12日 07:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ヤフオクもメルカリもマスクの取り扱いを禁止、そしてパチンコ景品方式の動き」です。

次の記事は「トイレットペーパーの買い占めと需要の反動と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31