ヤフオクもメルカリもマスクの取り扱いを禁止、そしてパチンコ景品方式の動き

| コメント(0)


政令の閣議決定を受けて大手オークションサイトでもマスクの取り扱いについて一時的との制限を設けながらも、マスクの出品の禁止措置が取られるようになった。個人的には衛生方面のアイテムは個人ベースでの手に渡った時点で中古扱いになって衛生面での担保ができなくなるので、永久に禁止すべきだとは思うのだけど。ああ、でもそうなると古着とかも取引できなくなるか。

特にヤフオクでは政令決定を受けて施行より前倒しで11日の発表当日からってのがポイントが高い。もっともストアに関しては別途ということでちょっともやりとするけれど。


他方在庫を抱えたテンバイヤー達は、あれこれとトリックを使いながらいまだに取引をしようと画策している。今件はマスクそのものが売れなくなったので、マスクの「替え玉」としてホッチキスの替え芯を展示する、しかもメーカーはマックスという、まるでパチンコでの景品交換のようなワザ。元々のアカウントが山ほどマスクを売買していたり、質疑応答で実物はマスクだということが交わされているので、発覚した私大だけど。他にもまったくのダミー商品を展示し、別の掲示板で「これを購入手続きすればマスクを送るよ」という手立てもあるのだろう。

無論これらの方法は規約違反どころか法的にも問題がありうる。具体的な解釈は避けておくけど、手をつけてよいものでは無い。戦後のヤミ米売買などとはそもそも方向性が異なるので比較もできない。くれぐれもお気をつけて。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月12日 07:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「トイレットペーパーの在庫」です。

次の記事は「餃子の王将が休校支援で持ち帰り専用のミニ弁当を出した件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31