運転免許証の自主返納が大幅に増えたとの報道

| コメント(0)
昨年1年間に運転免許証を自主返納したドライバーは全国で前年比42・7%増の60万1022人に上り、制度が始まった1998年以降、最多だったことが9日、警察庁のまとめでわかった。昨年4月に東京・池袋で起きた旧通産省工業技術院の元院長(88)による暴走事故などで、社会的な関心が高まったことが背景にあるとみられる。

e-statまでさかのぼって警察庁の該当データを確認したけど、現時点では2018年分までしか公開されていないので、恐らく今件はプレス向けに提示された先行資料によるもの。数日のうちには一般公開されるんだろうな、と。

グラフを見ると確かに2019年では返納者が思いっきり増えている。人口構成比で返納しそうな高齢者が急増したわけではないので、何らかの制度や情勢の変化によるものだと考えられるし、記事で指摘のあった複数の高齢者による暴走事件がトリガーとなっていることは間違いないのだろう。本人が判断した以外に、周囲の人が肩を押すケースの方が多かったとは思うけど、こればかりは調査をしてみないと分からない。

返納が増えることで事故が減れば思惑通りなのだろうけど、その成果が出るとしても数年はかかる。果たしてどのような結果が出ることか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月10日 07:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「原油価格の急落」です。

次の記事は「竹島に韓国旗が飾られている映像が日経のCMで使われていた件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31