飼い犬・飼い猫の数の実情

| コメント(0)


本家サイトで犬猫専門誌の部数を勘案していた時に、そういえばペットフード協会の飼い犬・飼い猫の実態調査ってどうなっていたっけと確認してみたら最新版が出ていたので覚え書きとして。

この類の公的調査は今のところ見つからないので、これが一番確証度が高いかなという感じの飼い犬や飼い猫の数の実情。飼い犬は漸減中だけど、飼い猫は漸増中。やはり室内飼いがしやすいというのがポイントなのかもしれない。

既に実数として飼い犬は879.7万頭、飼い猫は977.8万頭で飼い猫の方が多い状態。今後さらに差は開いてくるのだろう。数自身にはさほど意味は無いし比較する必要性もないのだけど、関連する市場の大小を考える上では欠かせない値に違いない。今後さらに猫系の本とかが出版されるようになるのかな、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月 5日 07:06に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「トイレットペーパーって普段から備蓄してなかったのかな」です。

次の記事は「ヤフオクでのマスクテンバイヤーの跳梁跋扈状態」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31