ツイッターの認証済みバッジが一層怪しげなものとなっている件

| コメント(0)
架空の政治家のTwitterアカウントが、認証済みバッジを獲得してしまう出来事がありました。CNNの報道によると、偽の候補者「アンドリュー・ワルツ」のアカウントを作ったのは17歳の高校生。現在このアカウントは凍結されています。Twitterの広報担当者は「偽の候補者アカウントを作ることは利用規約に反するので、該当アカウントを永久凍結しました」と記事でコメントしています。

以前リベラルなお気持チンピラの人達にツッコミを受け、原則的に認証済みバッジの発行を停止してしまったツイッター。それにしては現在でも新たな人に認証済みバッジが添付されている状況を少なからず見ているのだけど、結局はツイッター側のお気持ちで自在に添付できるようにしたまでの話なのね、ということ。今件は騙された、ウキーということでその顛末が語られているけど、お気持ち認証済みバッジ添付のプロセスも相当雑なレベルのものであったということが判明した次第。

重要: 認証済みアカウントプログラムは現在、保留中です。新規のリクエストは受け付けておりません。


関心を集めるアカウントであると判断された場合に、アカウントは認証を受けます。通常、音楽、演劇、ファッション、政府、政治、宗教、ジャーナリズム、メディア、スポーツ、ビジネス、その他の注目分野の利用者によって管理されているアカウントが対象となります。


念の為に確認したけれど、現時点でも認証申し込みはストップしたままで受け付けはしていない。ツイッター側のお気持ちで勝手判断されるというまでの話。「注目分野の利用者」とはあるけど、その具体的な基準が明確化はされていないし、フォロワー数がやたらと多くてもついていないものもあれば、少ないけれどさくりとつけられているものもある。

システム周りの曖昧な判断基準による運用は、トラブルしか生み出さないのだけれどな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月 4日 06:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ハーゲンダッツの新しいミニカップはキャラメル味」です。

次の記事は「ポケットティッシュのストック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31