ファミレスの2月分の売上とか

| コメント(0)


新型コロナウイルスの影響で小売業、特に対人応対が不可欠なところとか、閉鎖環境にあるようなサービスは大きな打撃を受けていることだろうなあということで今から戦々恐々としている。ただ先日本家サイトで挙げた牛丼御三家の2月分営業成績ではほとんど問題がないどころかむしろプラスのばかりだったし(吉野家がマイナスなのは前年同月のイベントの反動)、どうしたもんだろうかということで、もっとダイレクトに影響を受けているであろうサイゼリヤの動向を確認したら、もっと驚いた。

むしろプラスじゃん、と。客単価だけじゃなくて客数も。

具体的には客数は+4.6%に。客単価が+2.0%で、売上高は+6.6%。前年同月からの反動上げ部分が多少はあるけど、それを差し引いても随分とポジティブなもので、想像していた1割2割減は当たり前とは随分と様子が違う。

サイゼリヤだけかなということで例えば日高屋を確認したけど、2020年2月分の既存店分は客数+4.0%、客単価+0.7%、売上高+4.7%で似たような堅調さ。いったいどうなっていることやら......。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月 7日 07:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ワイドショーにも常時表示の注意喚起な字幕が必要ではないかな」です。

次の記事は「完全セルフレジよりセルフ清算レジの方が需要は大きい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31