具の量が1.5倍の「肉だく牛丼」吉野家で展開開始

| コメント(0)
吉野家、新商品『肉だく牛丼』を4月2日(木)から全国店舗で販売開始- 牛丼並盛の場合、具の量が1.5倍に -


株式会社吉野家(本社:東京都中央区、代表取締役社長:河村泰貴、以下吉野家)は、新商品『肉だく牛丼』を4月2日(木)11時より全国の吉野家店舗(*)で販売開始いたします。牛丼にさらに牛丼の具(牛肉・玉ねぎ)を追加して"肉だく"の状態でお召し上がりいただける商品です。


牛丼では汁の部分を多くかける「汁だく」がよく知られているけど、そのコンセプトで具材を沢山のせたのが「肉だく」。「肉」とはあるけど実際に「だく」するのは具材なので、肉以外に玉ねぎも増えるのは要注意。

また、1月に発売開始の「ねぎだく牛丼」同様、増量した分の具材は別鉢での提供となる。そのままでは乗り切らないかもしれないからね......ってあれか? 「肉だく牛丼」とライスを別口で頼めば、親子牛丼的なものができたりして。

発売は4月2日から。客単価の引き上げには間違いなく貢献するし、地味だけど客寄せアイテムとしては悪くない話ではある。店員さんの負担が大きくなるのが難点だけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月31日 07:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「国民生活基礎調査が新型コロナウイルスの影響で中止に」です。

次の記事は「人の体はバッテリーと同じ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31