シャウカステンってそういえば見かけなくなったな

| コメント(0)


シャウカステン(シャーカステン)ってのはシャウエッセンの親戚ではなく、「医療や工業的な非破壊検査においてX線写真(レントゲン写真)、MRIフィルム、などを見る際に用いる蛍光灯等の発光を備えたディスプレイ機器」。医療現場のイメージ映像では必ずといってよいほど見かけるもので、持ち運びができるタイプもある(レゴのパーツにも何種類かある)。

当方も内臓疾患で入院する直前に、自分の肺の実情のレントゲン写真を見せられたのが、このシャウカステンだった。でも言われてみれば、最近のレントゲン写真とかの類は大型のモニタに映し出されていて、シャウカステンは使っていない...というかそのものが無くなってるな。


もしかしたらシャウカステンそのものを見たことが無い人もいるかもしれないので、イメージ画像として。こんな感じのもので、実物をそのまま見たことが無い人も多分にいるかもしれない。それだけ技術が進歩している、スマート化しているってことなんだろうけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月17日 06:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「報道そのものは欠かせない存在に違いないけれど」です。

次の記事は「手洗いの基本、できてるかな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31