猫の日にちなんだ「ねこカップくず餅」なるもの

| コメント(0)
今年創業215年目を迎える老舗くず餅屋「船橋屋」は、2月22日(土)の"猫の日"にちなんだシーズナル商品「ねこカップくず餅」を、2月16日(日)〜3月3日(火)の期間、「船橋屋」エキュート立川店にて発売する。

残念ながらごくごく一部の店舗での発売で一般流通はされないのだろうけど、アイディアそのものは非常に優れていて技術的にもさほど難しくないように見えるので、恐らくは似たような商品が出てくるだろうな、というにゃんこなくず餅。

元記事を見ればすぐに分かるけど、くず餅が猫の形をするように切られている。ただそれだけなんだけど、非常に愛らしくて食べるのがもったいない。型抜きで切り取ればこんな感じのは自前でも作れるのかな。フルーツポンチとかで寒天が猫型だったりしたら、ちょっとどころではないぐらい嬉しくなるかも。こういう発想の商品は素直に高く評価したいところではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月16日 07:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「手持ちわらび餅という発想」です。

次の記事は「「デスノート」の最新作であのお金への税金は」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31