手持ちわらび餅という発想

| コメント(0)
「わらびもち」は「もっちりぷるん」とした食感が楽しい人気の定番和菓子です。しかし市販のわらびもちは内容量が多く、チルドの場合は日持ちがしません。そこでわらびもちを食べたいときに手軽に楽しんでいただけるよう、食べきりサイズ・商品の中央部を押すだけで開封できる本商品を企画しました。


賞味期間は1年間(常温で保管可能)
● 食べたい分だけ食べられる個包装7本入り
※「ギュッと押すだけパッケージ(特許)」を使用、下記に詳細有)


正直なところ似たようなスタイルの羊羹はすでに市販化されているので、コロンブスの卵的にこの発想に気が付けば実用化まではさほど苦労は要らなかったのかもしれないけど、それでもわらび餅をこのスタイルにしたってのは個人的に高く評価したいと思う。しかも賞味期限が1年となると、非常食としても使うことができるわけで、これはポイントが高い。

他方、説明にある通り「内容量が多く、チルドの場合は日持ちがしません」というのが弱点だったことに違いは無く、この弱点を持つ和菓子って結構多いよな、とも思うわけで。見方を変えればこの部分を上手くこなすことで、今件のように飛躍できそうな商品となる可能性は多分にある。まぁ、生ものの類は難しいだろうけど。

発売は2月25日から。ネーミングがちょいとアレだけど(ワンプッシュだからといって犬をデザイン化するのは色々とアレがナニ)、見つけたら一つ調達して味を確かめてみたいところではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月16日 06:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「報道の意義と現場主義の本質と」です。

次の記事は「猫の日にちなんだ「ねこカップくず餅」なるもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31