公的機関などの情報で十分では

| コメント(0)


先ほどの米国でのインフルエンザの話でも触れたけど、新型コロナウイルスによる新型肺炎にしても結局のところ、個人で出来る対応ってのはオーソドックスな感染症対策のそれとさほど変わりは無い。咳マナーとか咳エチケットってのは行儀が悪いように見えるけど、ガッツリと推奨されていたりする。

で、この類の話って流行してくると有象無象のノウハウやらテクニックやら注意事項が出回る。震災の時の放射線周りのあれこれと同じ。結局のところはこの類の話は、公的機関やそれに準ずるところのものをチェックしていれば問題無し。

情報は不足していると不安になるしトラブルの原因にもなるけれど、多すぎても判断が難しくなりパニックに陥ってしまう。オーバーフローを起こしてしまうのだよね。確実な情報源に的を絞ってざっくりと掌握するのが一番無難。

こういう時期には活動家だの扇動屋だのが活性化するから要注意ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月 9日 07:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「2019年分の確定申告書類作成完了」です。

次の記事は「アピールしたい、拡散したい気持ちは分かるけど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31