「米国の人は映画館より図書館に通う」という報道

| コメント(0)
米国人は2019年、映画よりもコンサートよりも、図書館に足繁く通った──こんな調査結果が明らかになった。


この調査は、米ギャラップが2019年12月上旬、18歳以上の1025人を対象に行ったもの。映画やコンサートといった文化的な娯楽やアクティビティについて、この1年間でどの程度の頻度で行ったかを尋ねた。もっとも頻度が高かったのは図書館で、通った回数は1人あたり平均で10.5回だった。2位の映画館での映画鑑賞(5.3回)、3位のスポーツ観戦(4.7回)のほぼ倍だった。


ギャラップの調査結果を基にした米国におけるカルチャー系の行動性向のお話。映画館にいくより図書館に行きまくりじゃん、ということではあるのだけど、なんかちょっと違和感。幸いにも一次ソースのギャラップの調査結果はすぐに見つかったし、そこには調査全体のレポートも掲載されていたので、確認と。


実のところ平均値の上では図書館通いが多いってのは事実ではあるけど、中央値では映画館の方が上、音楽イベントなどと同程度。要は図書館通いをしている人は無茶苦茶利用回数を重ねているということ。さらに「平均値の算出では回数ゼロも含みます」とあるので、図書館に通っていない人もかなりの数に上ることが予想される。

過去のデータを検証していないので分からないけど、恐らくはこの傾向は昔から変わらないのではないかな、という気がする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月 8日 07:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「スマホ接続型のサーマルカメラで出来立ての総菜を」です。

次の記事は「数分ですぐに作れるよという調理機器のワナ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31