スマホ接続型のサーマルカメラで出来立ての総菜を

| コメント(0)


評価するというか褒めたたえる意味での「技術の無駄遣い」的なお話が、このスマホのサーマルカメラを使ったお話。要は出来立ての惣菜はまだ熱を持っていることが多いので、サーマルカメラを使って熱源がある、温度が高めのものを選べば、ほかほか惣菜をゲットできるという次第。無論、購入したらすぐに食べないと意味は無いのだけど。


数千円で買えるのかなと思って確認したら、1ケタ違っていた。数万円もするシロモノ。下手するとスマホ本体より高いかも。

他の目的で入手して惣菜チェッカーとしても使うのならともかく、総菜のチェックのためだけにサーマルカメラを買うのは正直本末転倒感が否めない。お値段が1ケタ下がれば、今回のような生活に密着した使い方ってのも容易にできるようになるのだろうけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月 8日 07:06に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ギョーザ購入額日本一は宇都宮市に」です。

次の記事は「「米国の人は映画館より図書館に通う」という報道」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31