今冬は超暖冬状態

| コメント(0)
先月は各地で記録的な暖冬となりました。西日本と東日本の平均気温は平年を3度近く上回り、いずれも最も気温の高い1月となりました。気象庁によりますと、去年の12月に続いて1月も平年を上回る暖かさが続きました。地域別に平年の平均気温との差をみると、西日本で2.8度高く、東日本で2.7度高くなり、いずれも統計を取り始めた昭和21年以降、最も気温の高い1月となりました。1月の降雪量も少なく、地域別に降った雪の量を平年と比較すると、北日本の日本海側で平年の31%、東日本と西日本の日本海側では統計上は0%となり、いずれも統計を始めてから最も少なくなりました。

本日からしばらく寒さが到来するという話はあるのだけど、それを差し置いても今年の冬はダイナミック温かい感は否めない。朝一で記録している室温動向も、去年以前のものと比較すると明らかに高いし(一けた台がまだ出ていない)、BtoC関連業界の動向を見ても押しなべて季節物の動きが鈍いという話。

気象庁で動向を確認しても記事にある通り温かさが全国制覇という感じで薄気味悪い。説明によれば「上空を吹く偏西風が例年よりも北側に蛇行し、南から暖かい空気が流れ込みやすくなっている一方で、北からの寒気が弱くなっているため」とのことで、「ダイポールモード現象」なるものがいたずらしている結果との話もある。これが生じると夏は超暑くなるとのことで、夏にもまた来るかもと記事には書かれており、ちょっとガクブル。ただでさえ暖冬で水不足が懸念されるというのに。


一応ダイポールモード現象に関する資料を覚え書きとして。今年の夏は色々とヤバいことになりそうだ。一昨年のような酷いことにはならないと思いたいけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月 5日 07:22に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「本日マスク完売しました」」です。

次の記事は「永谷園の勢いがあるふりかけ勢」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31