「本日マスク完売しました」

| コメント(0)


昨日は耳鼻科への定期通院のため朝一で診察を受け、処方箋をもらってお薬を処方してもらおうと思い薬局へ。開店直前ではあったのだけど、すでに30人ぐらいの行列が。パチンコ屋じゃあるまいし、何でこんなに列ができているのと不思議に思っていたのだけど、回転してその行列の動きを見て分かったのは、マスクを求める人達だったということ。例の新型コロナウイルスによる新型肺炎を避けるという意味合いで、マスクを買う人がこれだけいたわけだ。

しかもその店で当日入荷したのは15セットぐらいだったらしく、行列の人すべてを消化することも無く完売宣言。なんかアレだな、震災後の食品とか水とかが無くなったのを思い起こす。この写真そのものは後々まで色々とイメージカットとして使えそうな気がする。

ちなみに品切れ後の棚をしばらく別事情で観察していたのだけど、来る人の多分は日本製のマスクを求めていた。何か変な報道でも流れたのかな。

そうした中、全国的なマスク不足が続いている。四国でもマスク不足が起こり、「まさか愛媛でもこんなになくなると思わなかった」とドラッグストアを訪れた女性客は語った。また、九州の大分でも「どこに行ってもマスクがないので、1日ちょっと回ろうかな。絶望的ですね...」と男性客は困惑していた。花粉症シーズンも迫る中、深刻なマスク不足は国会でも取り上げられた。

一般医療用として使うマスクですら確保が難しくなっているという頭の痛い状況。しかもこれからは花粉症の季節になるので、どうするのだろうかという感はある。


10年程前の新型インフルの時と同じように、今回のマスク不足も結局は、しばらく経てば解決するレベルなので慌てる心配はない(先の品切れの店も、毎日少数ずつは入荷できる状態だと説明しているぐらい)。手持ちのを逐次使っていけばいい。第一マスクの着用で新型コロナウイルスを防げるようなものではないし。あくまでも唾液などの飛翔防止とかに留まるわけで(あとはのどの保温とか、対策講じてますよというアピール)。

ただ一連の騒ぎを見るに、指摘されている通り、歴史映像などで見かける、オイルショックの時のトレペまとめ買いと同じようなものなのだな、という気もする。むしろ手洗い用品などをしっかりと確保しておいた方がいいんじゃないかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月 5日 07:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「羽田空港の新ルートで旅客機が飛びまくっていた件」です。

次の記事は「今冬は超暖冬状態」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31