10年以上前のチョコレートを発掘

| コメント(0)


タイトルの字面だけを見ると何かおぞましいものですらあるような感は否めないのだけど。先日のお掃除タイムで非常用品の山から見つかった、保存用のチョコレート。外見は普通のチョコなんだけど、賞味期限を見たら10年以上前。えーと、これはどうしたことだ。

本来ならローテーションで定期的に新しいものと取り換えるはずなのが、非常用品箱そのものを半ば封印して押し込んでしまったので、しまったままになっていた感じ。先日見つけた十年以上前の乾パンと同じような状態。

色々と調べてみたけどチョコレートの類は砂糖と同じで、生もの系が含まれていなければ賞味期限を過ぎても食することはできる、白い部分は油脂成分が浮き出てきたものなので味が落ちるけど食えなくなったわけでは無いとの話。ただ、数百円から千円ぐらいのものを勿体ないとばかりに処分せずに食べて、腹を壊したら話にならないので、中身を写真などに納めた上で廃棄する予定ではある。

仕方が無いけど、ね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月11日 06:48に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「報道はプロパガンダでも反体制機関紙でもない」です。

次の記事は「つけ麺系のインスタント麺が続々新登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31