行方不明者の実情

| コメント(0)


先日取り上げた自殺者の減少に関連して、行方不明者ガーという話が見られたので、警察庁の統計データを引っ張り出して確認。実のところ行方不明者数そのものは横ばい、あるいは微増の状態。ただしその内訳をみると、増加要因は高齢者の認知症によるもので、それ以外の理由ではおおよそ漸減あるいは横ばい程度。

そしてこれは調べた当方自身も驚いたのだけど、行方不明者としてカウントされた人の半数近くは、届け出が受理された当日に所在が確認されていたりする。死亡確認者はそのうちの4.5%でしかない。「その他」の多分を締めるであろう届け出が取り下げられた、つまり自分で帰って来たとか親族が発見したとかいうものに関しては、全体では9.4%だけど、認知症では0.8%しかない。色々と厳しい現実が数字から浮かび上がってくるのだな......と思ったけどこれ、単に所在確認された割合が多いからだけなのか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年1月21日 07:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「壊れたパイロンがカプセルガチャに」です。

次の記事は「「政府やお役所が隠している、伝えない事実」の実情」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31