米国での自宅における太陽光発電ユニット実装実情

| コメント(0)


太陽光パネルをずらっと平地に並べてまとめて発電して売電云々ではなく、個人の住宅の屋根などに太陽光パネルを配して発電をし、その電力を自世帯で使うための太陽光発電について、米国ではどのような実情なのかを知る調査結果。公的機関などによる全体調査ではなく、あくまでも抽出調査なので、そういう傾向があるよ、程度のものだけど。

すでに実装済みの世帯は6%、真剣に実装を考えている世帯は46%にも達している。ただ具体的にお金勘定をしているのかどうかまでは分からず、絶対に備えたいけど難しいかもなあという感覚の人も多分に含まれているかもしれない。

地域別では西部の実装率が高く、南部や北部などでは少なめ。やはり天候などが影響しているのだろうな、と。

実装したい理由としては、電気料金の節約がもっとも大きなもので、次いで環境に優しいから、再生可能エネルギー導入投資税控除が得られるから、そして健康にいいから。健康にいいってのがよく分からなくて、要は環境に優しいってのと同義なのかな。

この辺りの話は公的機関の資料が探せれば追調査したいところではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年12月18日 07:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ジブリ作品の名セリフかるたがあった」です。

次の記事は「「日本からのレビューを見る」というアマゾンの新機能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31