今度の小学8年生では化石が掘れるキットが入っている

| コメント(0)
小学館が発行する、小学生全学年対応の学習雑誌『小学8年生』。6月27日発売の8・9月号の付録は...?  なんと、本物のアンモナイト化石が3個も手に入るのです! レプリカではありません、モロッコ産の本物の化石です!! 化石ブロックの中には、3個のアンモナイト化石かうまっています。それを、付属のホリホリスティックを使って、まるで本当に化石を発掘するかのように掘っていくのです。

小学●年生シリーズも残すところあと1誌のみとなってしまった昨今だけど、代わりに登場したのが小学8年生。一応「8」とはあるけど表記上はデジタルにしておいて、すべての数字が当てはまりうるとか、横倒しにして無限大に読めるので全部の学年どころか無限大の可能性を持ったという意味合いもあるらしい。方向性としては昔の学習雑誌「科学と学習」の科学の方かな、という感じで、ダイナミックな付録がメイン。...もっとも最近では幼稚園とか小学一年生とかの子供向け雑誌も一様に付録が豪華になっているので、さほど違いは見られなくなっているのがアレだけど。

で、今回の付録では化石付。しかも単に化石が入っているのではなく、固められた砂のブロックに閉じ込められている形で提供されており、購入者はそれを掘り起こしていくという仕組み。ああ、これ、数年前にコンビニ売りの食玩的なもので流行った奴だ。1つ300円だか500円ぐらいの。化石採掘の実体験ができるのは嬉しいところ。


アマゾンにも登録済みで、実購入者のコメントも掲載されていた......のだけど、なんか話だとしょぼい化石だったということで残念感なお話。欠けたものだったってのはちょっとかわいそう。n=1なので追検証が必要だけど、確かにアンモナイトだとうたっていて実際に破片だとがっくりしてしまう。それよりも、今でも100均で同じような化石採掘キットが売ってるのか。行動領域内の大型店舗で探してみようかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年7月 1日 06:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「突然質問に答えろといわれても、応じる義務はない」です。

次の記事は「「ホタテはヴィーガン食」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31