ヤフーニュースの記事からソーシャルボタンが消えた件

| コメント(0)


先日【ヤフーニュースの記事からソーシャルボタンが消えた】でも伝えたように、ヤフーニュースの個別記事から突然ソーシャルボタンの類が消えた。ボタン一つでツイートできるあのボタンはダイナミック便利で、それが何の前触れも告知も無く消え去って、それからもう一か月が過ぎたけど、状況に変化は無い。

いわゆるA/Bテストの類にしては期間が長すぎるし、何か別の理由があって意図的に消したと考えた方が正解っぽい。ではなぜ消したのか、と考えてみると、ソーシャルボタンの設置で促進される、ソーシャルメディアからのアクセスの流入先を、ヤフーニュースの記事にしたくはないという意図が働いているのかな、とする説が理にかなっている。

要は同じ内容についてソーシャルメディアからアクセスを流すのなら、ヤフーにでは無くて原典の新聞社サイトなどに流してほしいとの意図がある。実際、それぞれの原典サイトでは相変わらずソーシャルボタンが配されているので、ボタンそのもので何か不具合が生じているというわけでは無い。

記事そのもののアクセスに関してはこれまでも色々と論議のネタになっていたけど、よもやソーシャルボタンについても恐らくはやり取りが行われいるであろうとはねえ。まぁ、憶測でしかないけど、利用者サイドにとっては有益なボタンが無くなったのは事実ではある。単純に技術的な問題では無く(確かにボタンは無い方が読み込みスピードは多少上がるけど、ヤフーのような大型サイトになればそこまでの心配はいらない)。


当方はメインのアクセスがパソコン経由でFireFox、しかもその類のアドオンを使っていないから単純に「ボタンが無いと不便だな」って感じるのだけど、指摘の通り環境によってはボタンがサイトに設置されていなくても、ブラウザ側で勝手に共有ボタンを用意してくれることもある。そういう環境が広まれば、わざわざサイト側で用意しなくてもいいよね、ということになるのかもしれない。実のところソーシャルボタンって、複数サイトのボタンを並列させると、それぞれのところからの読み込みが入るので処理速度が落ちるんだよねえ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年6月18日 07:22に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「機械翻訳と人間による翻訳との違い」です。

次の記事は「移動式のタピオカ屋が一番イージーというお話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31