コップにぶらさがる小物としては一線級の対象、それは松崎しげる氏

| コメント(0)
株式会社バンダイ(代表取締役社長:川口勝、本社:東京都台東区)は、今年デビュー45周年を迎えた俳優・アーティストの松崎しげる氏の、デスクトップに飾ることができるフィギュア「コーヒーカップの松崎しげる」(1カプセル1個入り、全5種、1回300 円・税8%込)をカプセル自販機専用商品(ガシャポン)として、2015年11月下旬より全国の玩具売場、量販店等に設置されたカプセル自販機にて順次発売します。


本商品は、コーヒーの色と松崎さんのトレードマークである褐色の肌の色との親和性から発売する、全長約50mmのフィギュアです。松崎さんにさまざまなポーズをとっていただいているところを3Dスキャンにかけたデータを元に、原型を制作しています。また、肌の色を忠実に再現するため、松崎さんが自ら監修を行いました。


携帯ストラップやイヤフォンジャックなど、根付的な小物に色々と付加価値をつけているけれど、結局のところは「身近に置いておきたいミニチュア」として、色々なものが出ている中で、「使い道は事実上無いに等しいのだけど、何か別のものに使えそうだよね」的な、コーヒーカップにかけるタイプの食玩......というか小物系おもちゃ。コーヒーカップならどうだろう、当然中に入っているのはコーヒーだよね、コーヒーって黒っぽいよね、黒といえば松崎しげる氏だろう的なノリノリな流れで決まったことが脳内想起されるアイテム。

気になるリアル度だけど、これは以前【これはリアルでキレイな高田純次!? ガシャポンから「高田純次 適当男スイング」展開開始】で紹介した高田純次氏のと同様に3Dスキャンで生成されているので、まったくもって問題なし。さらに肌の色は本人監修というから、こちらもオッケー。素敵な笑顔に励まされそうで、コーヒーに限らず、デスクトップなどの上に置いておきたい感じ。個人的にはBとDが欲しいな。Bは「ぷぎゃー」とか吹き出し加えたい。

サイズは50ミリほど、11月下旬から展開予定。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年9月 5日 07:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ヘルプマークの普及推進強化イベントの数々」です。

次の記事は「「日本人のTwitter好きは異常」とCEOに言わせた日本のツイッター好き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31