パクツイを見つけたら是非ともしてほしいこと

| コメント(0)


これはツイッター限定での話。掲示板やFacebookでは難しいだろうし、そもそもFacebookでは足が容易につくのと閉鎖コミュニティ感が強いのでパクツイ(パクリツイート。他人のコンテンツを自分のもののように偽装して第三者に自慢ツイートをするもの。自己顕示欲のため、あるいは集客のために行われるのがメイン。前者の場合は「面白いから別にいいじゃん」という自己弁護で追及に反論することが多い)の類はあまり成されないだろうし、やる側もリスクが大きすぎる。

先日の「福笑いリラックマロールケーキ」でも最初間違ってパクツイ側の方を公式リツイートしてしまったんだけど、それを精査する時にツイートの詳細を見たら「パクツイ乙」的なリプライが山ほどあり、加えて元ネタのツイートのURLが指定してあり、その実情を確認出来た次第。

これで気が付いたのだけれど、パクツイを見つけた場合、単に「パクツイでしょ」と指摘するだけでなく、具体的に元ネタはどこにあるのかをリンクで指定する形でツイートしてくれるとありがたい。もちろん元ネタの指定はツイッターのツイートURLとなるので、妙なサイトへの誘導が成されても容易に判断はできる。

元ネタ付きでパクツイ指摘があれば、それを確認し、タイムスタンプの差異でパクツイか否かを容易に判断できる。時間をさかのぼることは出来ないからね。それが出来れば、パクツイの更なる拡散を防止できる。

......まぁぶっちゃけると「この写真どこかで見たことあるな」という類のパクツイは多数あっても、その元ネタを探すのは結構面倒くさい。そこまで労力をかけて、得られるものはほとんど何もない。慈善奉仕作業みたいなものだ。でも気が付いたものでかまわないので、指定をしてくれると、ちょっとだけ世の中が良くなる方向に歩みを進めるのも事実。当方も気が付いた時にやることにしよう。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年3月10日 08:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「昔からこの類の話は山ほどあった。見えやすくなっただけの話」です。

次の記事は「アナログ時計が疲れない、その理由とは......」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31