リンゴをあっという間に「魔力を秘めた鉱石」にする方法

| コメント(0)


先日のからあげアートが良い例だけれど、造形そのものをいじることなく、色合いに変化を持たせることでまったく別物に生まれ変わるものって結構多い。グラフィックを気軽に操作できるツールが多くの人の手に届くことになった現状で、多種多様な実験が意図的、あるいは偶然に行われ、「これはいいかも」的な演出効果が見出されることもある。......まぁ、実は該当界隈では常識的な話で、それを知らない人がたまたま再発見しただけってのもあるんだろうけど。

今件もその一つ。角切りしたリンゴをネガポジ反転加工したら、魔力を秘めている鉱石みたいなビジュアルが完成したというもの。確かにこれはそんな感じ。色合いが青でなく黒ならば燃え盛る炭みたいにもなるんだろうな。ああ、ってことは炭火の色を青っぽくすれば魔石になるのか。

で、面白そうなのでやってみた。


いわゆる宇宙猫。よりショック感が強まったようで、実は意外に良い出来ではないかなあと自負している。そうか、この方法は精神的ダメージを受けたという心理描写としても使えるのか。火曜サスペンス劇場でこの演出が良く使われるとの指摘もあったけど、確かにテレビなどでもありそうな切り口だよね、これ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年3月10日 07:06に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「3月9日が「ミクの日」とか「ザクの日」なら4月6日を「ジムの日」にしよう」です。

次の記事は「驚きすぐにも目を向けたくなる「この発想は無かったわ」的なスクリーンセーバーとは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31