クロワッサンドーナツ(チョコレート)(ローソン)試食

| コメント(0)
↑ クロワッサンドーナツ(チョコレート)
↑ クロワッサンドーナツ(チョコレート)


先日本家サイトで【クロワッサンドーナツ戦線にローソンも参戦、チョコとストロベリーが登場】にて紹介した、ローソン発のクロナッツことクロワッサンドーナツ(いや、日本語として少々妙な話ではあるのだが、このような表現をするしかない)。本日発売ということもあり、時間を割いて調達、試食......のはずなのだが、チョコレートのみ確保で、ストロベリーは無し。店員さんに話を聞くと、ローソン本部でも大いに人気(発売当日だから各店舗からの引き合いがあった、つまり前評判が高いってことだな)があり、ストロベリーまでは確保できなかったそうな。商品そのものが入荷せず、使えない状態となった展示用のプレートを見せながら申し訳なさそうに説明されると、仕方ないなあ、というところ。

で、早速開封。価格が比較的安価なのでもしかするとミニサイズかも、と思ったんだが、実のところ縦横85ミリ、高さ45ミリ程度と、通常サイズでひと安心。香りはミスドの甘系ドーナツに近く、おや、いつものローソンの菓子パンとは具合が違うなという印象。袋をよく見ると内側にコーティングが施してあり、熱などで溶けてしまったりしないような工夫がしあるのも気が利いている。

味わいとしては随分ずっしりとしたクロワッサン部分の歯ごたえと、中のクリームのふわっとした柔らかな甘味が対照的で、なかなか面白い。外部にコーティングされたチョコレートとクランチのカリカリ感が、さらにアクセントとして美味さを積み上げていく。ミスドのクロナッツに近い感じかな。価格と合わせて考えれば、ほぼベスト。

一つ注意事項を挙げるとすれば、熱量。1つあたり487Kcal。美味しいのは分かるけど、調子にのってばくばく食べると、色々と難儀しそうでござるの巻。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年5月13日 12:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「私を抱きしめて!」まるで女の子みたいにせがむ猫さま」です。

次の記事は「環境省発表の「放射性物質対策に関する不安の声について」が追加補てんされていた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31