インデックス、民事再生手続開始(アトラス周りの追記あり)

| コメント(0)


↑ インデックス公式サイト


当社は、平成25年6月27日開催の取締役会において、民事再生手続開始の申立てを行うことを決議し、同日付けで東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行い、受理されました。また、東京地方裁判所より、同日付にて監督命令及び弁済禁止等を内容とする保全命令が発令されましたので、下記のとおりお知らせいたします。

このような事態となり、株主様、お客様、お取引先様、その他関係各位の皆様に対しまして多大なるご迷惑とご心配をおかけするところとなり、誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます。


1.申立てに至った経緯及び理由
当社は、平成7年に設立して以降、デジタルゲーム事業及びコンテンツ&ソリューション事業を中心に事業展開し、安定的に収益を獲得してきました。

他方で、国内外の企業を対象とした事業買収を行ってまいりましたが、特に海外買収案件では予想どおりの収益が上がらず、多額の投資損失が発生しました。また、平成22年9月、当社が参加していた中小企業振興ネットワークを構築した株式会社日本振興銀行が破綻したことに伴い、当該破綻の影響を受けた当該ネットワークの参加企業の経営状態は悪化し、当社自身についても当該ネットワークの参加企業に対して行った投融資の多くが回収不可能となり、当社の財務状態は悪化しました。さらに、平成25年8月期第2四半期には、上記投融資により生じた多額の不良債権に対する引当処理や繰延税金資産の取崩し等により、連結・単体ともに債務超過に陥りました。

そのような状況下、金融機関様やお取引先様等からのご不安を招き、資金繰りが逼迫する状態となりました。そのため、今般、自主再建は極めて困難であるとの判断に至り、民事再生手続きによる再建に踏み切る選択をした次第です。

2. 負債総額(平成25年5月31日現在)
約245億円

3. 今後の見通し
今後は、裁判所及び監督委員の監督のもと、事業を継続し、再建を図る所存です。デジタルゲーム事業をはじめとする弊社の事業自体は順調に推移し、また、スマートフォンに代表される多種多様な機能を持つ携帯電話端末の普及により、ソーシャルゲームをはじめとして提供可能なサービス領域の拡大を加速させており、今後も成長が見込まれます。そこで、当社は、当社事業の事業価値を毀損させることなく再建を実現させるため、迅速にスポンサーを募集・選定の上、事業譲渡を実施することを検討しております。

(以下略)


先日【インデックス「循環取引」の疑いで強制調査との報】でお伝えした、強制捜査が入ったインデックス。やはり状況は遺憾ともしがたいところまで来ていたようで、一か月も待たずに民事再生手続きの申し立てとなった。

リリースにもある通り、あくまでも「民事再生」なので、原則経営陣は引き続き経営を遂行できる。「会社更生」と比べると、そのあたりが違いの一つかな。とはいえ、捜査も入っている事ではあるし、今後どうなることやら......。

あ、経営陣に関しては「当社取締役会長である落合正美と代表取締役社長である落合善美は、本件に至った事態を極めて重大に捉えており、民事再生手続について一定の目途が立った段階で辞任する意思であります。また、落合正美と落合善美は、事業譲渡が実施された場合でも、事業の譲受先の経営に関与する意思は有しておりません」ともあるな。うーん、かなり大きな話になりそうだ。

追記:
インデックス子会社のアトラスについて、こんなツイートが公式アカウントから。


両タイトルについて気にしていた人は、「とりあえず」だけど安心すべし。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年6月27日 16:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コンビニのコーヒースタンドが専門店に打ち勝つ切り札とは?」です。

次の記事は「松屋で唐揚げ丼、7月4日より発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31