「ぐりとぐらとぶぶぜら」プロット

| コメント(0)

チケットをもらってサッカー場に試合を見学しにいくことになった野ねずみのぐりとぐら。
手には大きなかごを持っています。試合を見ながら食べるサンドイッチとお茶が入っています。途中でどんぐりも拾っていきましょう。

ぐりとぐらが歌いながらどんぐりを拾っていると、変なおじさんがラッパのようなものを吹いていました。とてもたのしそうです。

二人がおじさんをじっとみていると、おじさんはかごを指さしていいました。「そのサンドイッチを半分分けてくれたら、このがっきをあげよう」。


以下面倒なのでプロットのみ。

・サンドイッチがおいしいのでぐりとぐらに1本ずつプレゼント。「これはみなみあふりかの楽器でぶぶぜらというんだ」
・ぐりとぐらはたのしく吹きながらサッカー場に。
・試合は宴たけなわ。ぐりとぐらは応援するためにぶぶぜらを吹く。
・しかし「ぐりがぶぶぜらを吹くとあら不思議、オウンゴールしてしまう。ぐらが吹くとレッドカード」
・でもだれもそれに気がつかず、試合はごちゃごちゃ。
・試合が終わった後も二人は吹きながら帰路に。
・楽しそうなので皆ぐりとぐらの後をついてくる。何かにとりつかれたような感じ。
・しかしその音が響き渡る周囲の家の中では、料理を失敗したり、パソコンがフリーズしたり、彼女から別れ話を持ちかけられたりと、災難続き。
・ぐりとぐらの目の前の子供が泣きだす。「うるさいからかな」「吹くの止めようか」。
・二人が吹くのを止めると、後ろについてきたひとたちが皆我にかえる。
・夕食の時間。二人は家の中でどんぐりスープを飲みながら、ぴかぴかのぶぶぜらを見て今日のことを振り返る。「楽しかったね」「でもほどほどにね」。

・二人からフェードアウトするカメラ、ぶぶせらにピントが合い、怪しく光る。(終)


即興なので色々破たんしてるけど、まぁそれはそれということで。


(参照:【ぐりとぐらと……】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2010年6月22日 17:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ブレーメンの音楽隊。ただしぬこだけ」です。

次の記事は「「低燃費はどこにあるの?」低燃費ハイジ第七話「クララのお屋敷~お屋敷の人々」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31